青い水着の女性

ここでは、自分でできるお尻にできてしまったニキビ跡の治療方法を紹介しよう。

お尻のニキビ跡とひとくちにいっても、これには①赤みタイプ、②色素沈着タイプ、③クレータータイプと3つある。

今回はこのうち、「①赤みタイプ」の治療方法について的を当ててみるとしよう。

紹介する治療方法はより早くお尻から赤いニキビ跡を治すのはもちろんのこと、茶色や赤紫の色素沈着タイプのニキビ跡予防にも繋がってくれる。

また、自分で行える治療でもありそんなに難しいものではないので安心だ。大切なのは「お尻のニキビ跡を治したい!」と強く思う気持ちである。

それでは本題に入っていくとしよう。

赤みタイプの見分け方

お尻にできてしまった赤みタイプのニキビ跡は、「赤ニキビと間違いやすい」というちょっとばかり厄介なところがある。

そこでまずは、お尻にできてしまった赤みタイプのニキビ跡を見分けるところから説明していこう。

(1) 赤みタイプは痛みや膨らみがない

お尻にできた「赤みタイプのニキビ跡」と、「赤ニキビ」の特徴をそれぞれまとめてると以下のような感じだ。

ニキビのタイプ 特徴
赤みタイプのニキビ跡 触っても痛みがない、膨らみがない
赤ニキビ 触ると痛みがある、熱を帯びている、膨らみがある、膿が溜まっているように見える

このように、赤みタイプのニキビ跡は「痛み」や「膨らみ」などがみられないのが特徴なのだ。

また、治療薬を使用しても変化がなかったり、数週間や数ヶ月と長らくお尻に居座っているような場合も、赤ニキビではなく赤みタイプのニキビ跡と判断しても良いだろう。

さて、そんなことであなたのお尻にできてしまったニキビ跡は赤みタイプだっただろうか?もしも当てはまったならば、さっそく次からの治療方法にすすんでいくとしよう。

「2つ」の治療方法でお尻のニキビ跡を治す!

さっそくだが、ここで紹介する治療法は大きく分けて、「①生活習慣の見なおし」と「②お尻のスキンケア」の2つとなる。

「① 生活習慣の見なおし」では、睡眠や食事などを改善することがポイント。「②お尻のスキンケア」では、ビタミンCを肌にしっかり浸透させることがポイントとなる。

それぞれの治療法について以下から説明していこう。

①生活習慣の見なおし

まずはお尻にできた赤いニキビ跡を治療する際に、どうして生活習慣の見直しが必要なのかについて。

もしかすると、「お尻のニキビ跡に生活習慣の見なおし?」なんて思った方もいるかもしれないが、これは肌が行う「ターンオーバー」を正常化してくれる効果があるから大切なのである。

ターンオーバーとは肌が行う代謝のことで、肌が生まれ変わる為の働きだ。これがうまくできていればそれだけ肌は正しい周期で生まれ変わってくれるし、新たに作り出される肌も丈夫で美しいものとなるわけだ。

お尻にできてしまった赤いニキビ跡は、そんなターンオーバーが繰り返されることで消えていき、それと同時に先程言ったような新たな美しい肌に入れ替わっていくのである。

ただし、ここで注意がひとつ!

先程説明した肌の変化は、おわかりのようにターンオーバーが正しく行われていることが条件だ。

ターンオーバーはみんなが上手く行っているかと言えばそうではない。食べ過ぎや睡眠不足など、ちょっとした習慣が原因となりバランスを崩してしまうことは良くある。

次からはそんなターンオーバーを整える為のポイント、「食事」と「睡眠」について説明しよう。

(1)食事

ターンオーバーを行うにも栄養素が必要だ。暴飲暴食や偏った栄養素の食事をするのはやめて、バランスの良い栄養素を体に取り入れるようにしよう。

ビタミンEやビタミンAなどは、血液の血行を良くしたり肌細胞を修復したりとターンオーバーを促す効果に繋がる。

おすすめの栄養素は「ビタミン」、「亜鉛」、「タンパク質」。これらの栄養素の働きについては以下を参考にしてほしい。

一見、お尻の赤いニキビ跡と食事は結びつかないようにも思えるが、これもれっきとした治療のひとつである。

(2) 睡眠

睡眠もターンオーバーを促す大切な材料だ。ここでのポイントは「質の良い睡眠」を行うこと。

お尻にできた赤いニキビ跡を治すには、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」もカギを握っている。

成長ホルモンはターンオーバーを行うには欠かせないホルモンで、寝ている間にしっかり分泌させることで赤いニキビ跡から健康で美しいお尻の肌に生まれ変わらせてくれる。

成長ホルモンを分泌される睡眠方法はこちら。

食事同様にお尻の赤いニキビ跡=食事とはどうにも繋がらないかもしれないが、同じく治療のひとつとして取り組もう。

②お尻のスキンケア

お尻に赤いニキビ跡ができた部分は、肌の内部に炎症が起きている状態となっている。この炎症が私達の目に赤くうつり、ニキビ跡として見えるわけだ。

ここから紹介するスキンケアはそんな炎症を抑えてくれる効果がある。

ポイントとなるのは、スキンケアを通して炎症を起こしている部分へ「ビタミンC」をしっかり浸透させること。お尻の皮膚は分厚いため、顔と比べると浸透しづらい場所なので、根気よく丁寧に行おう。

こうすることで、何もしないよりも早く炎症をおさえて赤いニキビ跡を治してくれるわけだ。

ビタミンC誘導体がお尻のニキビ跡に効く

先程、赤みの正体である炎症を抑えるにはビタミンCが良いと説明したが、実はこれ単体では浸透力を期待することができない。

どうしてかというと、ビタミンCが肌に浸透する前に壊れやすかったりと不安定で弱い性質である為なのだ。

そこで出番となるのが「ビタミンC誘導体」である。

ビタミンC誘導体は今や珍しいものではないのでご存知の方も多いことだろう。気になる効果はいかがなものかというと、肌への浸透力や炎症の抑制など様々な効果を発揮してくれるときた。更には、ターンオーバーの促進や色素沈着の予防など、ニキビはもちろん肌に様々な嬉しい効果を発揮してくれるのだ。

こういった効果を発揮しつつ、お尻の赤いニキビ跡を徐々に薄くしきれいに消し去ってくれる。お尻の赤いニキビ跡を見つけたなら、ぜひビタミンC誘導体を試してみよう。

諦めずに治療に取り組もう

お尻にできた赤いニキビ跡は、今回紹介した生活習慣の見直しやスキンケアによってしっかり治すことができる。

赤いニキビ跡に限らずニキビ跡は比較的治るまでに時間がそれなりにかかってしまう場合も多いが、このように「治すことができる」ものなので諦めずに取り組むこともお忘れなく。

今回紹介した内容を参考にして、ニキビ跡に悩まされるお尻と別れを告げよう。

ニキビの治療】の関連記事
  • ルフィーナ
    ルフィーナの効果、口コミ、評判、成分について
  • ジュエルレイン
    ジュエルレインnの効果、口コミ、評判、成分について
  • 女性の水着後ろ姿
    お尻ニキビ(にきび)改善方法3つの手段
  • 海を見ている女性の後姿
    気づきにくい背中ニキビ(ニキビ跡)について。
  • 青い水着の女性
    お尻の赤いニキビ跡に効く2つの治療方法!
  • 顔に手を当てている女性
    ニキビを根本から治せる「健康な皮脂膜」
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。