クッションで寝る猫

お尻のニキビは、繰り返しできたり、なかなか治らなかったり、更にはニキビ跡として肌に残ってしまうなど、なにかと厄介ものであるには違いない。

もしもこういった症状に心当たりがあるならば、今日からでもお尻のニキビの治療に取り組もう。

治療を行なうことは、お尻のニキビを日常生活の中で意識することに繋がる。

このように少し意識するだけでも、ニキビというものは症状がだいぶ良くなったりするものだ。

お尻のニキビの治療は様々だが、ここで紹介するのは体圧(お尻への刺激)を避ける為のクッション選びだ。


先程、日常生活の中で行なうほんの少しの意識が大切だと話したが、この取り組みはまさにそれに当たるだろう。

体圧という刺激を与えないようにして過ごすのと、何も考えずに過ごすのとでは、治療経過に大きな違いが出てくる。

これだけを行っていれば治るわけではないが、お尻のニキビを治療するひとつの取り組みとして実行してほしい。

常に刺激を受けている

私が思うに、お尻は常に何らかの刺激を受けている場所だ。

例えば、どんなにふかふかなソファでリラックスできていても、お尻は上半身の体圧が少なからずかかっている。

それがもしも、固い椅子や床だとどうだろうか。

長時間といわずとも、そんな場所に座っていればすぐにお尻に痛みを感じるのはすぐに想像できるだろう。

このような痛さはもちろん、座った時やベッドで横たわった時にお尻にかかる体圧は、程度は違えどもすべて刺激であるには違いない。

そして、座る、横たわる、の他にも、お尻は歩いている時ですら衣類による摩擦という刺激を受ける。

このように、お尻は知らず知らずのうちに刺激をうけ続けているのだ。

刺激が悪化や長引く原因になる

ニキビを治療しているならば、それを刺激してしまうことが良くないのはご存知だろう。

強い洗浄力のある洗顔料の使用、42度以上の熱いと感じるお湯、なにげなく顔を触る癖、通気性の悪い衣類の着用、つい気になって潰してしまう、などなど、これらは全てニキビに対する刺激だ。

刺激が原因でニキビができてしまうのはもちろんだが、これがなかなか治らなかったり、赤や茶色といったニキビ跡に繋がってしまうケースもある。

「クッション選びごときでニキビが治るのか?」と思うかもしれない。

しかし、ニキビを確実に治療するならば、こういった刺激を避けることも大切であると知っておこう。

簡単な取り組み

お尻にかかる体圧を軽減し、ニキビを治療するにはクッションの使用がおすすめだ。

これは、現在使用している椅子やソファに体圧の分散や吸収をしてくれるクッションを備える方法である。

たったこれだけで、座った時にお尻に体圧が集中せず、ニキビへの刺激も軽減される。実に簡単な方法と言ってよいだろう。

近年では色々なお尻にやさしいクッションが誕生している為、みなさんも一度はお店やネットショップなどでお目にかかった経験があると思う。

そんな中、わたしがおすすめと思えるものを4つのタイプに分けて、以下からさっそく紹介しよう。

①低反発タイプ

お尻のニキビへ刺激を与えない、基本的なクッションと言えば「低反発タイプ」だ。

このタイプのクッションに手の平を押しつけると分かるように、ゆっくりと優しく包み込んで沈んでいく。

これは文字通り反発力が低い為に起こる現象で、お尻にかかる圧力の吸収力や分散力に優れている。

低反発タイプは、お尻のニキビを治すうえで選びたいクッションとしては最低限の条件だ。

以下の②~④は満たさなくとも、こちらの①は満たすようにしよう。

②低反発+ゲルタイプ

低反発を基本として、近年ではそれに色々な工夫が加えられているクッションがある。

こちらの低反発+ゲルタイプもそのひとつで、クッションの他にもバイクのシートにも採用されているものだ。

低反発だけでもお尻のニキビへの体圧は分散・吸収されるが、そこへゲルが加わることで快適さが更にます。

ゲルならではのお尻を包みこむような優しさや、軽い座り心地などが特徴で、お尻のニキビをやさしくいたわれる。

③特殊形状タイプ

低反発な素材であり、更にその形状が特殊なタイプがある。

それがこちらの特殊形状タイプだ。

こちらのタイプで最もわかりやすいのが、円座型のクッションだろう。

これはドーナツ型の形状をしていて、クッションの中心部に穴や凹みがあるのが特徴だ。効果としては、お尻にかかる体圧を分散し、ニキビへの刺激を避けることができる。

シンプルな円座型の他にも、背もたれがついているものや、立体構造によって体を上手に支えてくれるものまで様々である。

④蒸れ防止タイプ

お尻は蒸れやすく、それが原因でニキビができたり悪化に繋がるケースも珍しくない。

こういったことから、蒸れもまたお尻のニキビにとっては立派な刺激なのである。

クッションの中には、こういった蒸れを防止する為に、素材や形状に工夫がされているものがある。

低反発のようにお尻の体圧を軽減してくれる素材であるのはもちろんだが、このように蒸れに関しても考慮されているクッションはおすすめだ。

最後に

ここで説明したように、お尻にかかる体圧はニキビへ色々な悪影響を与えている。

ニキビの悪化もそれにあたるし、もっと恐ろしいのは「潰れてしまうこと」だ。

ニキビは潰れるタイミングによって、それが肌に大きなダメージを与え、クレーターや色素沈着、シミなどのニキビ跡と姿を変える場合がある。

お尻にこういった跡がみられるならば、もしかすると知らず知らずのうち、あなたのお尻のニキビは刺激によって潰れていたのかもしれない。

※ニキビ跡は色素沈着タイプのものなら自分で治すことが可能だ。詳しくは以下を参考にしよう。

できてしまったお尻のニキビを正しく治療するのはもちろん、肌にニキビ跡として残さない為にも、刺激を避ける治療を忘れてないでほしい。

ここではその取組のひとつとして普段座る場所にクッションを取り入れる方法を紹介した。

他の治療と上手く組み合わせて、確実に治療しよう。

ニキビの治療】の関連記事
  • ルフィーナ
    ルフィーナの効果、口コミ、評判、成分について
  • ジュエルレイン
    ジュエルレインnの効果、口コミ、評判、成分について
  • 女性の水着後ろ姿
    お尻ニキビ(にきび)改善方法3つの手段
  • 海を見ている女性の後姿
    気づきにくい背中ニキビ(ニキビ跡)について。
  • 青い水着の女性
    お尻の赤いニキビ跡に効く2つの治療方法!
  • 顔に手を当てている女性
    ニキビを根本から治せる「健康な皮脂膜」
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。