お風呂につかるこども

お尻のニキビを早く治したいからといって、あなたはお風呂でゴシゴシと洗いすぎてはいないだろか?

実は、このように洗いすぎることは、お尻のニキビにとって逆効果なのである。

これは、過剰な洗顔と同じで必要以上に皮脂や角質を洗浄してしまうからだ。

いくら皮脂や溜まった角質がニキビにとって良くないとはいえ、それを取り除き過ぎると肌を弱め、ニキビを悪化させる原因になる。

お尻のニキビを治す為には、「やさしく」、「丁寧に」洗うことが大前提である。

ここでは、お尻のニキビを治す為のお風呂のケア方法について紹介する。

今日からでも取り組める方法なので、ぜひチェックしておこう。

お湯の温度は「38~39度」を目安にする

お尻のニキビを治すために、まずは湯船やシャワーで浴びるお湯の温度に注目してほしい。もしも、その温度が「42度以上」に設定されているならば、今日からそれ以下に下げよう。

ここで理想的な温度としておすすめしたいのは、「38度~39度」である。

セラミドの破壊が悪化や治りづらさに繋がる

なぜ42度以上の温度と、お尻のニキビが関係しているのだろうか?その理由は、これくらいの温度は肌のセラミドを破壊してしまうからだ。

セラミドと言えば、肌の潤いを保つ為には欠かせない成分である。これが破壊されてしまうと、私達の肌はたちまち乾燥肌になってしまう。

これだけならまだしも、セラミドを失った肌はデリケートな肌にもなりがちだ。

42度以上のお湯はこのように、お尻に限らず私達の肌を乾燥やデリケートな弱い肌に導いてしまうのだ。

まずはお湯の温度設定からはじめよう

前述したような状態では、とてもじゃないがお尻のニキビにとって良い環境であるとは言えないだろう。

乾燥した肌は、毛穴つまりが起きやすくニキビになりやすい。(乾燥によって、悪い意味で毛穴が小さくなっている為。)

それに、バリア機能がしっかり備わっていないデリケートな肌は、ニキビが治りづらくできやすい原因につながると言ってもよいだろう。

さて、そこでこういった肌を作り出さない為に、理想的な温度が「38度~39度」なのである。体感的にはぬるま湯になる。

ニキビ知らずのお肌は、適度な潤いがあり、丈夫でありながらもしなやかな角質層であるのが理想だ。

ただでさえお尻は角質層に厚みがあり固くなりがちである。お尻のニキビを治す為には、まずはお風呂のお湯の温度に気をつけよう。

お尻の洗い方

お湯の温度に気をつけたならば、次はいよいよ「洗い方」だ。

その前に、お尻にできているニキビの状態をチェックしてほしい。

もしも炎症がひどいならば、ボディーソープや洗顔料などをしようせず、お湯だけで洗うことをおすすめする。

以下からそれについて説明しよう。

逆効果とならない為にもまずはお湯だけで洗う

お湯だけで汚れがしっかり落ちるのか不安になるところだが、安心して欲しい。

そもそも人の体の汚れは、お湯だけでも十分に洗い流せるのだ。(例えば髪の場合だと、シャンプーを使用する前にお湯で洗っておくと、それだけで7~8割の汚れが落ちると言われている。体もまた同じである。)

いくら優しさをウリにしているボディーソープや洗顔料でも、炎症がひどければ返ってそれが刺激になることだってある。

炎症がひどい場合は、まずはぬるま湯で洗い流すだけにしておこう。

自分の肌にとってやさしいものを選ぶ

ある程度状態が落ち着いているならば、ボディーソープや洗顔料などを使ってお尻のニキビをケアしよう。

ここで大切なのは、使用するボディーソープ、石鹸、洗顔料などである。

これらのアイテムは、いわゆる「肌にやさしい」ものが好ましい。

とはいっても、「肌にやさしい」と言われている商品全てが、必ずしもそうであるとは限らないので気をつけておこう。

あくまでも自分にとって肌にやさしいものを使用し、お尻のニキビを洗うのがポイントだ。(これについては、後日別で説明予定。)

泡で優しく洗い風呂桶で洗い流す

お尻のニキビを洗う場合、冒頭で述べたようにゴシゴシと力を入れるのは絶対にNGだ。これだとニキビの状態を悪くしてしまうし、その周辺の肌にもダメージを与えてしまう。

ポイントは、洗顔を行なう時と同じく、しっかり泡立てて、優しく丁寧に洗うことだ。これは絶対に忘れないようにしよう。

感覚的にはお尻の肌に直接手の平や指が触れずに、泡で肌を包み込むように洗うことである。

シャワーの水圧による刺激を与えない

次に泡を洗い流す時は、「風呂桶(湯おけ)」を使おう。

シャワーを使って一気に洗い流したいところだが、シャワーの水圧は肌の刺激になり兼ねない。

風呂桶にお湯を溜め、流し忘れがないように丁寧に洗いながそう。風呂桶がない場合は、シャワーの圧力をできる限り下げて洗うのをおすすめする。

お風呂をあがった後もお尻の保湿を忘れずに行なう

お風呂で行なうお尻ニキビのケアは、今日からでも行えるものだ。可能であればすぐにでも取り掛かろう。

ここまで説明したようにお風呂では、お湯の温度、使用するボディーソープや石鹸、洗い方と洗い流し方などに気をつけてお尻のニキビをケアしよう。

くれぐれも、熱いお湯に浸かったり、力を込めて洗わないようにしよう。

また、お風呂からあがればやさしく水分を拭き取り、クリームや化粧水などで行なうお尻の保湿も忘れてはいけない。

お風呂から出た後も、こういったケアを行なうことがお尻のニキビの治療や防止に繋がるのだ。

こういったケアの他にも、通気性が良く肌に負担をかけない下着の使用も大切だ。

これについては、お尻のニキビは「下着の選び方」で治せるで説明しているのでチェックしておこう。

ニキビの治療】の関連記事
  • ルフィーナ
    ルフィーナの効果、口コミ、評判、成分について
  • ジュエルレイン
    ジュエルレインnの効果、口コミ、評判、成分について
  • 女性の水着後ろ姿
    お尻ニキビ(にきび)改善方法3つの手段
  • 海を見ている女性の後姿
    気づきにくい背中ニキビ(ニキビ跡)について。
  • 青い水着の女性
    お尻の赤いニキビ跡に効く2つの治療方法!
  • 顔に手を当てている女性
    ニキビを根本から治せる「健康な皮脂膜」
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。