きれいな背中とニキビのある背中

背中にできるニキビの原因、「毛穴つまり」について詳しく知りたいあなたは、こちらの説明を参考にしよう。

背中には様々な原因でニキビができるが、その色々な原因のもとを追求してみると、毛穴つまりだったりするケースも多い。背中のニキビを確実に治療したいならば、そんな毛穴のつまりの原因と解決方法について知っておこう。

背中のニキビの原因について、まずはざっくりとした知りたい場合は「背中にニキビができる6つの原因」を先に参考にするのも良いだろう。

毛穴のつまりは、背中のニキビに限らず、顔やお尻などあらゆる場所にできるニキビの原因となるものだ。

背中のニキビはもちろん、その他の場所にできたニキビの原因にもなるので、ぜひチェックしておこう。

①他の原因とも深く関係している

背中のニキビの原因は大きくわけると以下の6つである。

  • ① 毛穴つまり
  • ② ホルモンバランスの乱れ
  • ③ 睡眠と食事
  • ④ 洗い残し
  • ⑤ 紫外線
  • ⑥ 汗や蒸れ

毛穴のつまりは、この6つのうちの1つの原因となる。それと同時に、これはホルモンバランスや洗い残しなど、他の原因とも深く関係している。

例えば、「④洗い残し」は背中のニキビの原因のひとつだが、これは石鹸やシャンプーなどが体に洗い残されることで、それが毛穴につまり、ニキビを作ってしまうのだ。

「③食事や睡眠」もまた同じで、偏った栄養バランスや睡眠不足を通して、肌がしっかり代謝を行えず老廃物が毛穴に蓄積されてしまう。これが毛穴のつまりの原因だ。

②様々な原因からなる毛穴つまり

毛穴のつまりは大半のニキビの原因となっているといっても過言ではない。

そんなこんなで背中の毛穴を手っ取り早く治療したいなら、毛穴をいかに詰まらせないかに拘るのもポイントだ。

しかし、困ったことに毛穴のつまりはそう簡単に対策できなかったりもする。

というのも、毛穴がつまる原因にもホルモンバランス、乾燥肌、食生活、スキンケア方法、睡眠、などと様々なのである。

そこで、まずは「何がつまりの原因であるか」という点を突き止める必要があるし、その次にそれに合った対策を色々行なうのがポイントとなるのだ。

これには時間が少々かかってしまうかもしれないし、なかなかスムーズにすすまないこともあるだろう。なんとも面倒なやつである。

でも、こういった取り組みが背中の毛穴つまりを改善するには違いないので、諦めずに取り組んでほしい。

次からは早速、毛穴つまりの原因について、以下の3つにわけて説明していく。

  • ① 背中の毛穴がつまる原因その1、男性ホルモン
  • 背中の毛穴がつまる原因その2、食事と睡眠
  • 背中の毛穴がつまる原因その3、洗い残し

背中の毛穴がつまる原因その1、男性ホルモン

背中の毛穴がつまり、ニキビができてしまう原因に「男性ホルモン」がある。

どうして男性ホルモンが背中の毛穴をつまらせているかというと、これは皮脂の分泌量を増やしたり、角質を分厚くする働きがあるからだ。

皮脂の分泌量が増えると、毛穴はそれを排出しようとするが追いつかなくなってしまう。すると、毛穴にはどんどん皮脂が溜まる。

更に角質が分厚くなってしまうというのは、毛穴が小さくなり、そこに皮脂やホコリなどがつまりやすくなってしまうと言えるのだ。これで立派な毛穴つまりの完成というわけである。

というわけで、男性ホルモンは時に毛穴をつまりやすくさせるのである。

ホルモンバランスを崩さないこと

当然ではあるが、男性ホルモンは毛穴をつまらせる悪いヤツではない。これは性別関係なしに私達人間には必要不可欠なものである。

ではここではなにが大切なのかというと、男性ホルモンを過剰に分泌させないことなのだ。

つまり、ホルモンバランスが正しく保っていれば、過剰に分泌されるリスクも軽減するわけで、背中の毛穴つまりも自然となくなってくれる。

まとめると、背中にニキビを作ってしまう原因、毛穴のつまりを防ぐためには「ホルモンバランスを崩さない」ことがポイントとなる。

背中の毛穴がつまる原因その2、睡眠と食事

睡眠と食事も、毛穴つまりを引き起こし、背中のニキビの原因となる。

その理由としてここで挙げるのが、肌の代謝(ターンオーバーともいう)が上手くできない点である。

肌のターンオーバーとは肌が行う代謝のことで、これが正常にできないとくすみ、乾燥、敏感肌など、いろいろな悪影響が肌に及んでしまうのだ。

そして、そんな悪影響のひとつが毛穴のつまりだ。

なぜ毛穴がつまってしまうのか?それは、ターンオーバーが正しくできていない為に、本来なら剥がれ落ちる角質が表皮に残ってしまうからである。

それが毛穴につまってしまい、背中のニキビへと姿をかえるわけだ。

剥がれ落ちるはずの角質というのは死んだ細胞や老廃物といえるもので、いつまで経ってもそこに居座られてしまうと、肌の透明感をなくしたり、手触りだって良くない。

これは、前述したようないわゆる「くすみ」や「肌のごわごわ感」というやつで、これらも毛穴つまりと同じくターンオーバーの状態が深く関係しているのだ。

(1)食事

ターンオーバーには周期があって、理想的なのは「28日間」だ。これよりも多くても少なくてもいけない。

この周期が保たれ、尚且つしっかりしたターンオーバーが、毛穴つまりのない肌にしてくれるだけでなく、丈夫で美しい肌を生み出してくれるわけなのだ。

そんなターンオーバーは食事と睡眠が大きく関係しているのは、本サイトでも何度か紹介している。

例えば、ターンオーバーを行うためには、傷ついた肌を修復したり肌の代謝を促進させたりする、「ビタミン」、「亜鉛」、「タンパク質」などを積極的に摂るなど、栄養バランスが大切になる。

こういった栄養が欠けてしまっても、背中の肌はターンオーバーをしっかり行うことができない。

最近栄養バランスが良くなく、背中のニキビに悩まされているならば、ぜひこちらの栄養について意識してほしい。これについては、「今日からできるニキビ跡の治療「食事の見直し」」で紹介しているのでチェックしておこう。

(2)睡眠

ターンオーバーは栄養バランスだけじゃなく、成長ホルモンも必要となってくる。そんな成長ホルモンをしっかり分泌させる為には、一体どうすれば良いのだろう。

それが、「質の良い睡眠」をとることなのだ。

質の良い睡眠の為には、これにかかせないメラトニンというホルモンの力を十分に発揮させることや、昼よりも夜に眠ること、眠りに入った数時間の間ぐっすり眠ることなどがポイントとなる。

睡眠不足が続いていたり、睡眠に満足できていないならば、もしかするとそれが背中のニキビを作り出しているのかもしれない。

これに関しては、以下で紹介しているのでこちらも合わせてチェックしておこう。

背中の毛穴がつまる原因その3、洗い残し

背中にニキビができる原因として、必ずといって紹介されているのがシャンプーや石鹸、ボディソープなどの「洗い残し」である。

これらはしっかり洗い流してやらないと、背中の毛穴つまりとなってしまう。

そんな洗い残しだが、これは背中のニキビを治療するにあたって盲点となりやすいものだ。例えば、シャンプーやトリートメントで髪を洗うとスッキリきれいになるが、その下にあたる背中はどうだろう。

髪がきれいになったことに囚われて、あなたは背中に流れたシャンプーやトリートメントの洗い流しを忘れてはいないだろうか?

また、シャワーで軽く洗い流しただけで「洗ったつもり」にはなっていないだろうか?

こういった時、背中の毛穴はいつもより開いている状態ともあって、ますます毛穴つまりを起こしやすくなる。

髪や体を洗った後は、しっかりと丁寧に背中を洗い流すのはもちろん、洗う場所の順番を変える(髪を洗った後に体を洗うなど)、毛穴つまりを起こしにくいシャンプーアイテムを使うなどといった工夫を行うのもポイントである。

根本的に治療するために

背中のニキビを確実に治療したいなら、ここで取り上げた背中の毛穴をつまらせないようにしよう。

繰り返しになるが、毛穴のつまりは背中にニキビができる原因の「大元」となっているとも言えるので、最も力を入れたい治療と考えてもよい。

背中のニキビに限ったことじゃないが、ニキビは薬や病院での治療だけに頼って治そうとするのは良くない。これだと、その時限りの治療になったり、繰り返しニキビに悩まされてしまうリスクが高まってしまう。

ニキビを本気で直したいと思うならば、原因を知り、それにあった治療や取り組みを自ら行うのも重要なカギとなるのだ。

そういった治療や取り組みの大体は、日常生活の中で意識したり改善したりするものが多い。

今回紹介した、背中の毛穴をつまらせないようにするのもまた同じで、食事、睡眠、洗い方など、どれも日常の過ごし方が深く関係している。

背中のニキビを今だけでなく根本的に治療するためにも、毛穴つまりが起こらないように取り組んでみてはいかがだろうか。

ニキビについて】の関連記事
  • きれいな背中とニキビのある背中
    背中の毛穴つまりを無くせばニキビは治る
  • 腕が回された背中
    背中にニキビができる6つの原因
  • 疑問に思っている女の子
    それはニキビではなく「粉瘤」かもしれない
  • デニム素材でできた数字の4
    お尻のニキビができる4つの原因
  • 顎にニキビができている女性
    4つの色から見るあなたのニキビの種類
  • sevenと書かれた文字
    ニキビができる7つの場所とそれぞれの原因
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。